RareS. | 未治療の転移性または局所進行切除不能トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+ナブパクリタキセル併用療法、無増悪生存期間(PFS)を統計 ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 未治療の転移性または局所進行切除不能トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+ナブパクリタキセル併用療法、無増悪生存期間(PFS)を統計 ... - がん情報サイト「オンコロ」

未治療の転移性または局所進行切除不能トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+ナブパクリタキセル併用療法、無増悪生存期間(PFS)を統計 ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:乳がん(トリプルネガティブ)
2018年07月02日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

未治療の転移性または局所進行切除不能トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+ナブパクリタキセル併用療法、無増悪生存期間(PFS)を統計 ... - がん情報サイト「オンコロ」


... が公表された。 IMpassion130試験とは、未治療の転移性または局所進行切除不能トリプルネガティブ乳がん患者(N=902人)に対して28日を1サイクルとして1、15日目にテセントリク840mg+1、8、15日目にアブラキサン100mg/m2併用療法を投与する群、または28日を1サイクルとしてプラセボ+1、8、15日目に ... 本 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:乳がん(トリプルネガティブ)

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking