RareS. | 重度障がい者2人が業務改善ツール活用の先に生み出した「障がい者の新たな雇用」とは? - ログミー

HOME > ニュース一覧 > 重度障がい者2人が業務改善ツール活用の先に生み出した「障がい者の新たな雇用」とは? - ログミー

重度障がい者2人が業務改善ツール活用の先に生み出した「障がい者の新たな雇用」とは? - ログミー

タグ:脊髄性筋萎縮症
2017年06月22日 07時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

重度障がい者2人が業務改善ツール活用の先に生み出した「障がい者の新たな雇用」とは? - ログミー


サイボウズ株式会社が主催する「kintone hive nagoya」に、10万人に1人の難病「脊髄性筋萎縮症」を患う2名が立ち上げた仙拓による事例が紹介されました。登壇したのは、仙拓・松元拓也氏。仙拓がkintoneに出会ったきっかけは? 業務改善という視野にとどまらず、同機能を ...


続きはこちら

引用元:ログミー
タグ:脊髄性筋萎縮症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking