RareS. | 子宮頸がん発症を抑制…京大チームが化合物開発 - 読売新聞

HOME > ニュース一覧 > 子宮頸がん発症を抑制…京大チームが化合物開発 - 読売新聞

子宮頸がん発症を抑制…京大チームが化合物開発 - 読売新聞

タグ:子宮頸がん
2018年05月21日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

子宮頸がん発症を抑制…京大チームが化合物開発 - 読売新聞


子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で、年間約1万人の女性が発症、約2700人が亡くなっている。感染後、子宮頸部でHPVが増え、異常な形の細胞が現れる「異形成」という段階を経て、そのうち数%の患者にがんが生じるとされる。 チームは、HPVの ...


続きはこちら

引用元:読売新聞
タグ:子宮頸がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking