RareS. | IDH1変異陽性再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するIDH1阻害薬イボシデニブ、完全寛解率(CR)21.6%、その奏効持続期間(DOR)は9.3ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > IDH1変異陽性再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するIDH1阻害薬イボシデニブ、完全寛解率(CR)21.6%、その奏効持続期間(DOR)は9.3ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

IDH1変異陽性再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するIDH1阻害薬イボシデニブ、完全寛解率(CR)21.6%、その奏効持続期間(DOR)は9.3ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:急性骨髄性白血病
2018年07月09日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

IDH1変異陽性再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するIDH1阻害薬イボシデニブ、完全寛解率(CR)21.6%、その奏効持続期間(DOR)は9.3ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年6月21日、医学誌『The New England Journal of Medicine』にてイソクエン酸脱水素酵素1をコードする遺伝子(IDH1)変異陽性再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するIDH1阻害薬であるイボシデニブ(AG-120)単剤療法の安全性、有効性を検証した第I相の ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking