RareS. | 筋肉を「ゼロからつくる」方法が発見される    米研究チームが皮膚細胞から培養に成功 - WIRED.jp

HOME > ニュース一覧 > 筋肉を「ゼロからつくる」方法が発見される 米研究チームが皮膚細胞から培養に成功 - WIRED.jp

筋肉を「ゼロからつくる」方法が発見される 米研究チームが皮膚細胞から培養に成功 - WIRED.jp

タグ:筋ジストロフィー
2018年01月31日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

筋肉を「ゼロからつくる」方法が発見される 米研究チームが皮膚細胞から培養に成功 - WIRED.jp


さらに、ブルサクは筋ジストロフィーなどの筋疾患モデルを研究していたが、15年に培養に成功した人工筋肉は健康な筋組織からつくられたものだった。筋疾患の患者からサンプルを採ることには倫理面で問題があるとブルサクは言う。 「先天性の希少疾患を抱える患者の多くは、筋肉がすでにダメージを受けています ...

RareS.コメント

アメリカの研究チームが皮膚細胞から人工的に筋肉を作ることに成功したという記事です。

筋ジストロフィーや、脊髄性筋委縮症(SMA)など、筋組織に変異を起こす希少疾患はいくつかありますが、患者さんから筋組織のサンプルを採取すると、ダメージを与え、病気の進行に影響を及ぼしてしまうことが懸念されるため、皮膚や血液など採取しやすい細胞から組織を再現できる方法が望まれていました。 昨年、進行性骨化性線維異形成症(FOP)を対象とする世界初のiPS細胞を用いた創薬の治験が開始されましたが、このiPS細胞を作成するためにもFOPの患者さんの皮膚が使用されています。

今回の研究では、患者由来の皮膚を用いて様々な細胞になることができる多能性幹細胞を作り、その細胞を筋組織に変化させることに成功。さらに、生きたマウスに移植して、生体内で他の細胞をも融合し、行き続けることも確認できたといいます。

様々な研究が世界中で行われています。患者さん由来の細胞から作られた組織は拒絶反応を抑えることもできます。採取が容易な細胞(皮膚や血液)から、必要となる様々な臓器を作る再生医療の分野の今後の進展も注目です。


続きはこちら

引用元:WIRED.jp
タグ:筋ジストロフィー

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking