RareS. | 炎症性腸疾患発症にMKL1遺伝子の発現増強が関与-東京医歯大 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 炎症性腸疾患発症にMKL1遺伝子の発現増強が関与-東京医歯大 - QLifePro医療ニュース

炎症性腸疾患発症にMKL1遺伝子の発現増強が関与-東京医歯大 - QLifePro医療ニュース

タグ:潰瘍性大腸炎
2017年10月25日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

炎症性腸疾患発症にMKL1遺伝子の発現増強が関与-東京医歯大 - QLifePro医療ニュース


クローン病および潰瘍性大腸炎を代表とする炎症性腸疾患は、腸管組織の慢性的な炎症を特徴とする難治性疾患。マクロファージの機能異常に起因する恒常性の破綻が発症に関与すると考えられているが、その分子機序には不明な点が残されている。 炎症性腸疾患の動物 ...


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:潰瘍性大腸炎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking