RareS. | 常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎の病態メカニズムを解明-阪大 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎の病態メカニズムを解明-阪大 - QLifePro医療ニュース

常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎の病態メカニズムを解明-阪大 - QLifePro医療ニュース

タグ:多発性嚢胞腎
2017年08月21日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎の病態メカニズムを解明-阪大 - QLifePro医療ニュース


大阪大学は8月10日、常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎(ARPKD)における、嚢胞形成、高血圧、肝繊維化の病態を統一的に説明するメカニズムを明らかにしたと発表した。この研究は、同大学大学院医学系研究科の貝森淳哉寄附講座准教授(先端移植基盤医療学)、猪阪 ...


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:多発性嚢胞腎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking