RareS. | 治療歴のあるFLT3-ITD変異を有する再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するFLT3阻害薬キザルチニブ、全生存期間(OS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のあるFLT3-ITD変異を有する再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するFLT3阻害薬キザルチニブ、全生存期間(OS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のあるFLT3-ITD変異を有する再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するFLT3阻害薬キザルチニブ、全生存期間(OS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:単心室症
2018年07月06日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

治療歴のあるFLT3-ITD変異を有する再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者に対するFLT3阻害薬キザルチニブ、全生存期間(OS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」


なお、キザルチニブ投与群241人のうち2人の患者で心電図上のQT延長が確認され、治療中止 に至ったが重篤な心室性不整脈の発症は確認されなかった。 以上のQuANTUM-R試験の結果よりJorge Cortes氏らは以下のように結論を述べている。”治療歴のあるFLT3-ITD変異 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:単心室症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking