RareS. | FDA史上初、ゼルボラフがBRAFV600遺伝子変異を有するエルドハイム・チェスター病の治療薬として承認 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > FDA史上初、ゼルボラフがBRAFV600遺伝子変異を有するエルドハイム・チェスター病の治療薬として承認 - がん情報サイト「オンコロ」

FDA史上初、ゼルボラフがBRAFV600遺伝子変異を有するエルドハイム・チェスター病の治療薬として承認 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2017年11月13日 02時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

FDA史上初、ゼルボラフがBRAFV600遺伝子変異を有するエルドハイム・チェスター病の治療薬として承認 - がん情報サイト「オンコロ」


今回の承認の根拠は、BRAFV600遺伝子変異を有するエルドハイム・チェスター病を含む固形がん、多発性骨髄腫などの患者に対してゼルボラフ単剤療法を投与し、主要評価項目として8週時点における腫瘍縮小効果、副次評価項目としてRECIST1.1に基づく客観的奏効率(ORR)、有害事象発症率を検証したオープン ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking