RareS. | 順天堂大、がん細胞のエネルギーを枯渇させる新しい抗がん剤を発見 - マイナビニュース

HOME > ニュース一覧 > 順天堂大、がん細胞のエネルギーを枯渇させる新しい抗がん剤を発見 - マイナビニュース

順天堂大、がん細胞のエネルギーを枯渇させる新しい抗がん剤を発見 - マイナビニュース

タグ:急性骨髄性白血病
2018年06月25日 07時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

順天堂大、がん細胞のエネルギーを枯渇させる新しい抗がん剤を発見 - マイナビニュース


この研究により、同阻害剤のがん細胞に対する抗腫瘍活性と生体に対する安全性が確認されたため、現在、米国のMD Andersonがんセンターにおいて、急性骨髄性白血病の第一相臨床試験が行われている。阻害剤IACS-010759は、正常細胞に対する細胞毒性が低いため、 ...


続きはこちら

引用元:マイナビニュース
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking