RareS. | 腎切除術後の再発リスクの高い腎細胞がん(RCC)の術後化学療法としてのVEGF阻害薬インライタ、主要評価項目である無病生存期間(DFS)を達成できず試験は早期中止 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 腎切除術後の再発リスクの高い腎細胞がん(RCC)の術後化学療法としてのVEGF阻害薬インライタ、主要評価項目である無病生存期間(DFS)を達成できず試験は早期中止 - がん情報サイト「オンコロ」

腎切除術後の再発リスクの高い腎細胞がん(RCC)の術後化学療法としてのVEGF阻害薬インライタ、主要評価項目である無病生存期間(DFS)を達成できず試験は早期中止 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:腎細胞がん
2018年04月23日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

腎切除術後の再発リスクの高い腎細胞がん(RCC)の術後化学療法としてのVEGF阻害薬インライタ、主要評価項目である無病生存期間(DFS)を達成できず試験は早期中止 - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月10日、ファイザー社のプレスリリースにて腎切除術後の再発リスクの高い腎細胞がん(RCC)患者に対する術後化学療法としてのVEGF阻害薬であるアキシチニブ(商品名インライタ;インライタ)単剤療法とプラセボ単剤療法の有効性を比較検証した第III相のATLAS試験(NCT01599754)の結果が公表された ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:腎細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking