RareS. | 排尿障害など伴う「脊髄係留症候群」 成長期に症状が出た場合は早期の手術を - 産経ニュース

HOME > ニュース一覧 > 排尿障害など伴う「脊髄係留症候群」 成長期に症状が出た場合は早期の手術を - 産経ニュース

排尿障害など伴う「脊髄係留症候群」 成長期に症状が出た場合は早期の手術を - 産経ニュース

タグ:脂肪腫
2015年09月06日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

排尿障害など伴う「脊髄係留症候群」 成長期に症状が出た場合は早期の手術を - 産経ニュース


さて、この脊髄円錐の先端から足側にのびる終糸が、非常に太くなっていたり、終糸に脂肪腫ができたりすることがあります。あるいは、脊髄円錐のあたりに生まれつき脂肪腫ができている人もいます。 このような異常があると、成長に伴って頭側に上がっていくはずの脊髄が背骨の ...


続きはこちら

引用元:産経ニュース
タグ:脂肪腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking