RareS. | アルミ食べた3歳児「骨と皮だけ」衰弱死 〝鬼母〟の育児放棄か、先天性難病が原因か 裁判員の判断は - 産経ニュース

HOME > ニュース一覧 > アルミ食べた3歳児「骨と皮だけ」衰弱死 〝鬼母〟の育児放棄か、先天性難病が原因か 裁判員の判断は - 産経ニュース

アルミ食べた3歳児「骨と皮だけ」衰弱死 〝鬼母〟の育児放棄か、先天性難病が原因か 裁判員の判断は - 産経ニュース

タグ:先天性ミオパチー
2015年11月27日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

アルミ食べた3歳児「骨と皮だけ」衰弱死 〝鬼母〟の育児放棄か、先天性難病が原因か 裁判員の判断は - 産経ニュース


筋疾患の指定難病「先天性ミオパチー」。やせ細った3歳10カ月の女児の死因が唯一最大の焦点だ。難病の長女に十分な食事を与えず、衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた母親(20)の裁判員裁判で、大阪地裁(小倉哲浩裁判長)は30日、判決を言い渡す。


続きはこちら

引用元:産経ニュース
タグ:先天性ミオパチー

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking