">
" />
" />

RareS. | 運動合併症状の出現時間短縮を - Medical Tribune

HOME > ニュース一覧 > 運動合併症状の出現時間短縮を - Medical Tribune

運動合併症状の出現時間短縮を - Medical Tribune

タグ:パーキンソン病
2017年10月02日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

運動合併症状の出現時間短縮を - Medical Tribune


パーキンソン病の進行期には、抗パーキンソン病薬の効果持続時間が短縮し、薬物濃度の変動とともに症状が変動する"wearing off"という現象が出現し、不随意(ジスキネジア)も発現しやすくなる。パーキンソン病進行期の治療について順天堂大学大学院神経学教授の服部信孝 ...


続きはこちら

引用元:Medical Tribune
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking