RareS. | 慶大、難病「チャージ症候群」の発症の仕組み解明 - 日本経済新聞

HOME > ニュース一覧 > 慶大、難病「チャージ症候群」の発症の仕組み解明 - 日本経済新聞

慶大、難病「チャージ症候群」の発症の仕組み解明 - 日本経済新聞

タグ:チャージ症候群
2017年12月03日 20時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

慶大、難病「チャージ症候群」の発症の仕組み解明 - 日本経済新聞


慶応義塾大学の岡野栄之教授と奥野博庸助教らはiPS細胞を使い、目や耳、心臓などに生まれつき障害が出る難病「チャージ症候群」が発症する仕組みを解明した。目・耳などのもとになる「神経堤細胞」の動きに異常があった。新生児の約2万人に1人の割合で現れる同症候群の治療薬開発などに役立てる。 患 ...


続きはこちら

引用元:日本経済新聞
タグ:チャージ症候群

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking