RareS. | 治療歴のある進行性腎細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、免疫チェックポイント阻害薬を含む前治療の種類に関係なく無増悪生存期間(PFS)を改善する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のある進行性腎細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、免疫チェックポイント阻害薬を含む前治療の種類に関係なく無増悪生存期間(PFS)を改善する - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のある進行性腎細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、免疫チェックポイント阻害薬を含む前治療の種類に関係なく無増悪生存期間(PFS)を改善する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:群"
2018年10月30日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


METEOR試験とは、血管内皮増殖因子(VEGF)系阻害薬の治療歴のある進行性腎細胞がん患者(N=658 人)に対して1日1回カボザンチニブ60mg単剤療法を投与する群、または1日1回アフィニトール10mg単剤療法を投与する群に1対1の割合で無作為に振り分け、主要評価 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:群"

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking