RareS. | 進行非小細胞肺がんの1次治療で化学療法とキイトルーダの併用は全生存期間と無増悪生存期間を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 進行非小細胞肺がんの1次治療で化学療法とキイトルーダの併用は全生存期間と無増悪生存期間を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」

進行非小細胞肺がんの1次治療で化学療法とキイトルーダの併用は全生存期間と無増悪生存期間を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年04月18日 21時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

進行非小細胞肺がんの1次治療で化学療法とキイトルーダの併用は全生存期間と無増悪生存期間を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」


進行非小細胞肺がんに対する1次治療として、化学療法と抗PD-1抗体ぺムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)の併用を行うことは、化学療法のみよりも全生存期間と無増悪生存期間を有意に改善できることが明らかとなった。無作為化二重盲検プラセボ対照フェーズ3試験KEYNOTE-189の詳細な結果より示されたもの。4月 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking