RareS. | バベンチオ®(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))、転移性メルケル細胞がんを対象とした JAVELIN Merkel 200試験から得られた2年間のデータにおいて持続的奏効を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > バベンチオ®(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))、転移性メルケル細胞がんを対象とした JAVELIN Merkel 200試験から得られた2年間のデータにおいて持続的奏効を示す - がん情報サイト「オンコロ」

バベンチオ®(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))、転移性メルケル細胞がんを対象とした JAVELIN Merkel 200試験から得られた2年間のデータにおいて持続的奏効を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2018年06月27日 20時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

バベンチオ®(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))、転移性メルケル細胞がんを対象とした JAVELIN Merkel 200試験から得られた2年間のデータにおいて持続的奏効を示す - がん情報サイト「オンコロ」


米国・シカゴ発、2018年6月4日-独メルク(以下、メルク)と米ファイザー(以下、ファイザー)は、米国・シカゴで開催した第54回米国臨床腫瘍学会(ASCO)の口演において、6月4日(月)に、転移性メルケル細胞がん(以下、「転移性メルケル細胞がん」を「mMCC」と略記)に対するバベンチオ®(一般名:アベルマブ(遺伝子 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking