RareS. | 星野仙一監督、胸椎黄色靱帯骨化症と診断 どんな病気か? - ハフィントンポスト

HOME > ニュース一覧 > 星野仙一監督、胸椎黄色靱帯骨化症と診断 どんな病気か? - ハフィントンポスト

星野仙一監督、胸椎黄色靱帯骨化症と診断 どんな病気か? - ハフィントンポスト

タグ:黄色靱帯骨化症
2014年05月27日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

星野仙一監督、胸椎黄色靱帯骨化症と診断 どんな病気か? - ハフィントンポスト


東北楽天ゴールデンイーグルスは5月27日、星野仙一監督の診察結果を発表した。前日に都内病院で検査を受け、腰椎の椎間板ヘルニアと「胸椎黄色靱帯骨化症(きょうついおうしょくじんたいこっかしょう)」と診断された。日刊スポーツが長期離脱の可能性もあると報じている。


続きはこちら

引用元:ハフィントンポスト
タグ:黄色靱帯骨化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking