RareS. | 切除不能転移性悪性黒色腫(メラノーマ)に対するIDO1阻害剤Epacadostat+キイトルーダ併用療法、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を未達成 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 切除不能転移性悪性黒色腫(メラノーマ)に対するIDO1阻害剤Epacadostat+キイトルーダ併用療法、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を未達成 - がん情報サイト「オンコロ」

切除不能転移性悪性黒色腫(メラノーマ)に対するIDO1阻害剤Epacadostat+キイトルーダ併用療法、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を未達成 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:悪性黒色腫(メラノーマ)
2018年04月11日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

切除不能転移性悪性黒色腫(メラノーマ)に対するIDO1阻害剤Epacadostat+キイトルーダ併用療法、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を未達成 - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月6日、選択的インドールアミン-2,3-ジオキシゲナーゼ1(IDO1)阻害剤であるEpacadostatを開発するIncyte Corporation、抗PD-L1抗体薬であるペムブロリスマブ(商品名キイトルーダ;以下キイトルーダ)を開発するMerckのプレスリリースにて、切除不能又は転移性悪性黒色腫(メラノーマ)患者に対する ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:悪性黒色腫(メラノーマ)

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking