RareS. | 構造生物学: 転写共役修復複合体の構造を解明 - Nature Asia

HOME > ニュース一覧 > 構造生物学: 転写共役修復複合体の構造を解明 - Nature Asia

構造生物学: 転写共役修復複合体の構造を解明 - Nature Asia

タグ:コケイン症候群
2017年11月30日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


転写共役DNA修復は、RNAポリメラーゼII(Pol II)の移動の障害となるDNA損傷を鋳型鎖から取り除く。この修復過程は、ヒトではB群コケイン症候群(CSB)タンパク質、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)ではこれに相当するRad26が、停止したポリメラーゼ複合体の所に ...


続きはこちら

引用元:Nature Asia
タグ:コケイン症候群

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking