RareS. | 進行性胆道がん患者に対する顆粒球‐マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)であるSargramostim+キイトルーダ併用療法、良好な忍容性を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 進行性胆道がん患者に対する顆粒球‐マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)であるSargramostim+キイトルーダ併用療法、良好な忍容性を示す - がん情報サイト「オンコロ」

進行性胆道がん患者に対する顆粒球‐マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)であるSargramostim+キイトルーダ併用療法、良好な忍容性を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:副腎がん
2018年02月27日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

進行性胆道がん患者に対する顆粒球‐マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)であるSargramostim+キイトルーダ併用療法、良好な忍容性を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、進行性胆道がん患者に対する顆粒球‐マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)であるSargramostim+ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ;以下キイトル ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:副腎がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking