RareS. | 小児ALLで遺伝子多型の解析手法確立 成育医療センター 過剰な副作用、回避可能に - 日刊薬業

HOME > ニュース一覧 > 小児ALLで遺伝子多型の解析手法確立 成育医療センター 過剰な副作用、回避可能に - 日刊薬業

小児ALLで遺伝子多型の解析手法確立 成育医療センター 過剰な副作用、回避可能に - 日刊薬業

タグ:急性リンパ性白血病
2018年07月11日 20時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

小児ALLで遺伝子多型の解析手法確立 成育医療センター 過剰な副作用、回避可能に - 日刊薬業


国立成育医療研究センター小児がんセンターの加藤元博医長らは11日、小児急性リンパ性白血病(小児ALL)などの治療に必須とされる代謝拮抗薬「ロイケリン」(一般名=メルカプトプリン水和物〈6-MP〉)に... この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけ ...


続きはこちら

引用元:日刊薬業
タグ:急性リンパ性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking