RareS. | 生後10日で網膜芽細胞腫の疑い。第一次硝子体過形成遺残で義眼になった娘。 - ハフィントンポスト

HOME > ニュース一覧 > 生後10日で網膜芽細胞腫の疑い。第一次硝子体過形成遺残で義眼になった娘。 - ハフィントンポスト

生後10日で網膜芽細胞腫の疑い。第一次硝子体過形成遺残で義眼になった娘。 - ハフィントンポスト

タグ:網膜芽細胞腫
2016年04月16日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

生後10日で網膜芽細胞腫の疑い。第一次硝子体過形成遺残で義眼になった娘。 - ハフィントンポスト


第一次硝子体過形成遺残という病気をご存知でしょうか。 胎児が発育する間に消えるはずの眼球内の欠陥や硝子体が、消えずに残ってしまい、視力を失う病気です。 もし、生まれて間もない我が子に「一生目が見えません」と宣告されたら・・・・・・。 人生のストーリーを投稿する ...


続きはこちら

引用元:ハフィントンポスト
タグ:網膜芽細胞腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking