RareS. | 炎症性腸疾患が急増中 早期に発見するための2つのポイント - 日刊ゲンダイ

HOME > ニュース一覧 > 炎症性腸疾患が急増中 早期に発見するための2つのポイント - 日刊ゲンダイ

炎症性腸疾患が急増中 早期に発見するための2つのポイント - 日刊ゲンダイ

タグ:クローン病
2018年08月08日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

炎症性腸疾患が急増中 早期に発見するための2つのポイント - 日刊ゲンダイ


炎症性腸疾患は腸管に繰り返し炎症を起こす疾患の総称。主にクローン病と潰瘍性大腸炎だ。 「患者数は急激に増加しており、平成25年度末時点で合計約21万人。かつては“非常にまれ”という認識でしたが、日常診療でも遭遇する疾患になり、希少疾患とは言えなくなりました」


続きはこちら

引用元:日刊ゲンダイ
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking