RareS. | スタチンが軟骨無形成症の病態を回復~疾患特異的iPS細胞モデルによるドラッグ・リポジショニングの可能性~ - 科学技術振興機構

HOME > ニュース一覧 > スタチンが軟骨無形成症の病態を回復~疾患特異的iPS細胞モデルによるドラッグ・リポジショニングの可能性~ - 科学技術振興機構

スタチンが軟骨無形成症の病態を回復~疾患特異的iPS細胞モデルによるドラッグ・リポジショニングの可能性~ - 科学技術振興機構

タグ:タナトフォリック骨異形成症
2014年09月18日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


軟骨無形成症注1)およびタナトフォリック骨異形成症注2)の患者さん由来iPS細胞(疾患特異的iPS細胞)を樹立し、軟骨細胞に分化誘導したところ、細胞増殖が低下し、疾患の特徴を反映した異常な軟骨形成が見られた。 スタチン注3)を投与することで、疾患特異的iPS細胞 ...


続きはこちら

引用元:科学技術振興機構
タグ:タナトフォリック骨異形成症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking