RareS. | キザルチニブ、死亡リスク24%減少 第一三共、国際P3試験で - 日刊薬業

HOME > ニュース一覧 > キザルチニブ、死亡リスク24%減少 第一三共、国際P3試験で - 日刊薬業

キザルチニブ、死亡リスク24%減少 第一三共、国際P3試験で - 日刊薬業

タグ:急性骨髄性白血病
2018年06月18日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

キザルチニブ、死亡リスク24%減少 第一三共、国際P3試験で - 日刊薬業


第一三共は、再発または難治性の急性骨髄性白血病患者を対象とした抗がん剤キザルチニブ(一般名)のグローバル臨床第3相(P3)試験「QuANTUM-R試験」の具体的な結果について、スウェーデン・ストック... この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけ ...


続きはこちら

引用元:日刊薬業
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking