RareS. | 再発難治性急性骨髄性白血病患者に対するFLT3阻害剤であるキザルチニブ、FLT3-ITD変異陽性患者に対する複合完全寛解率46-56%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 再発難治性急性骨髄性白血病患者に対するFLT3阻害剤であるキザルチニブ、FLT3-ITD変異陽性患者に対する複合完全寛解率46-56%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

再発難治性急性骨髄性白血病患者に対するFLT3阻害剤であるキザルチニブ、FLT3-ITD変異陽性患者に対する複合完全寛解率46-56%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:急性骨髄性白血病
2018年06月05日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

再発難治性急性骨髄性白血病患者に対するFLT3阻害剤であるキザルチニブ、FLT3-ITD変異陽性患者に対する複合完全寛解率46-56%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月30日、医学誌『THE LANCET Oncogy』にて再発難治性急性骨髄性白血病患者に対するFLT3阻害剤であるキザルチニブ単剤療法の有効性を検証した第II相試験(NCT00989261)の結果がThe University of Texas MD Anderson Cancer Center・Jorge Cortes氏 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:急性骨髄性白血病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking