RareS. | BRAF遺伝子変異を有する非小細胞肺がん適応としてタフィンラーとメキニスト併用療法が承認 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > BRAF遺伝子変異を有する非小細胞肺がん適応としてタフィンラーとメキニスト併用療法が承認 - がん情報サイト「オンコロ」

BRAF遺伝子変異を有する非小細胞肺がん適応としてタフィンラーとメキニスト併用療法が承認 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2018年03月23日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

BRAF遺伝子変異を有する非小細胞肺がん適応としてタフィンラーとメキニスト併用療法が承認 - がん情報サイト「オンコロ」


しかしながら、非小細胞肺がんの1%とされるBRAF V600E遺伝子変異を標的とされた治療は存在しなかった。 今回の承認されたBRAF阻害薬タフィンラーやMEK阻害薬メキニストは、BRAF V600E遺伝子変異の分子標的薬となり、すでにBRAF V600E遺伝子変異陽性の悪性黒色腫にて承認されている。 今回の承認は、BRAF ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking