RareS. | iPS細胞で神経の束=ALS治療薬開発に可能性-東大 - 時事通信

HOME > ニュース一覧 > iPS細胞で神経の束=ALS治療薬開発に可能性-東大 - 時事通信

iPS細胞で神経の束=ALS治療薬開発に可能性-東大 - 時事通信

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2017年10月27日 01時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

iPS細胞で神経の束=ALS治療薬開発に可能性-東大 - 時事通信


東京大生産技術研究所などのチームは、人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って運動神経が束状になった組織を作ったと発表した。運動神経が損なわれる筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの治療薬開発に生かせる可能性があるという。論文が27日付の米科学誌に掲載 ...


続きはこちら

引用元:時事通信
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking