RareS. | 免疫チェックポイント阻害薬治療後に病勢進行した非小細胞肺がんに対するマルチキナーゼ阻害薬Sitravatinib+オプジーボ併用療法、腫瘍縮小効果82.6%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 免疫チェックポイント阻害薬治療後に病勢進行した非小細胞肺がんに対するマルチキナーゼ阻害薬Sitravatinib+オプジーボ併用療法、腫瘍縮小効果82.6%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

免疫チェックポイント阻害薬治療後に病勢進行した非小細胞肺がんに対するマルチキナーゼ阻害薬Sitravatinib+オプジーボ併用療法、腫瘍縮小効果82.6%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:非小細胞肺がん
2018年04月27日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

免疫チェックポイント阻害薬治療後に病勢進行した非小細胞肺がんに対するマルチキナーゼ阻害薬Sitravatinib+オプジーボ併用療法、腫瘍縮小効果82.6%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


また、6人の患者で部分奏効(PR)を示し、5人の患者は現在も臨床試験を継続しており、その奏効持続期間は50週間を超えている。 また、副次評価項目である治療関連有害事象(TRAE)は治験医師により報告されているグレードは1または2であり、忍容性が良好であることが示されている。 以上のII相試験の結果を ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:非小細胞肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking