RareS. | 進行性患者類上皮肉腫(ES)患者に対するアントラサイクリン系、ゲムシタビンベースの化学療法の奏効率(RR)、無増悪生存期間(PFS)中央値はほぼ同様である - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 進行性患者類上皮肉腫(ES)患者に対するアントラサイクリン系、ゲムシタビンベースの化学療法の奏効率(RR)、無増悪生存期間(PFS)中央値はほぼ同様である - がん情報サイト「オンコロ」

進行性患者類上皮肉腫(ES)患者に対するアントラサイクリン系、ゲムシタビンベースの化学療法の奏効率(RR)、無増悪生存期間(PFS)中央値はほぼ同様である - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肉腫
2018年10月01日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

進行性患者類上皮肉腫(ES)患者に対するアントラサイクリン系、ゲムシタビンベースの化学療法の奏効率(RR)、無増悪生存期間(PFS)中央値はほぼ同様である - がん情報サイト「オンコロ」


この記事の3つのポイント・類上皮肉腫患者をレジメンごとに分け、奏効率など比較検証したレトロスペクティブ試験・アントラサイクリン系ベース、ゲムシタビンベース、パゾパニブ単剤の3レジメンを比較・パゾパニブの治療効果は期待できない可能性があり、その他はほぼ同等の ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肉腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking