RareS. | 生まれつき見られる茶色いあざ・扁平母斑は治療可能? - 日刊アメーバニュース

HOME > ニュース一覧 > 生まれつき見られる茶色いあざ・扁平母斑は治療可能? - 日刊アメーバニュース

生まれつき見られる茶色いあざ・扁平母斑は治療可能? - 日刊アメーバニュース

タグ:神経線維腫
2017年05月27日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


レックリングハウゼン病は、症状として神経線維腫とカフェオレ斑が多く認められる遺伝性の難病です。子どもで5mm以上、大人で15mm以上のあざが6個以上見られる場合はレックリンハウゼン病である可能性があるといわれています。神経線維腫とは、思春期前後に体の様々 ...


続きはこちら

引用元:日刊アメーバニュース
タグ:神経線維腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking