RareS. | EGFR遺伝子変異陽性局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者の一次治療としてのダコミチニブ、米食品医薬品局(FDA)より新薬承認申請が受理される - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > EGFR遺伝子変異陽性局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者の一次治療としてのダコミチニブ、米食品医薬品局(FDA)より新薬承認申請が受理される - がん情報サイト「オンコロ」

EGFR遺伝子変異陽性局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者の一次治療としてのダコミチニブ、米食品医薬品局(FDA)より新薬承認申請が受理される - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:小細胞肺がん
2018年04月13日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

EGFR遺伝子変異陽性局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者の一次治療としてのダコミチニブ、米食品医薬品局(FDA)より新薬承認申請が受理される - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月4日、ファイザー社のプレスリリースにてEGFR遺伝子変異陽性局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者の一次治療としての第2世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬であるダコミチニブ(PF-00299804)の新薬承認申請が米食品医薬品局(FDA)より受理され、優先審査の対象として指定されたことを公表した ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:小細胞肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking