RareS. | 生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有するトリプルネガティブ乳がん患者に対するカルボプラチン単剤療法、ドセタキセルよりも客観的奏効率(ORR)、無増悪生存期間(PFS ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有するトリプルネガティブ乳がん患者に対するカルボプラチン単剤療法、ドセタキセルよりも客観的奏効率(ORR)、無増悪生存期間(PFS ... - がん情報サイト「オンコロ」

生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有するトリプルネガティブ乳がん患者に対するカルボプラチン単剤療法、ドセタキセルよりも客観的奏効率(ORR)、無増悪生存期間(PFS ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:乳がん
2018年05月22日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有するトリプルネガティブ乳がん患者に対するカルボプラチン単剤療法、ドセタキセルよりも客観的奏効率(ORR)、無増悪生存期間(PFS ... - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月30日、医学誌『Nature Medicine』にてトリプルネガティブ乳がん患者に対してカルボプラチン単剤療法とドセタキセル単剤療法の有効性を比較検証した第III相のTNT試験(NCT00532727)の生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有する患者群のサブグループ解析の ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:乳がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking