RareS. | パーキンソン患者の歩行をサポートするARアプリを米大学の学生が開発 - ガジェット通信

HOME > ニュース一覧 > パーキンソン患者の歩行をサポートするARアプリを米大学の学生が開発 - ガジェット通信

パーキンソン患者の歩行をサポートするARアプリを米大学の学生が開発 - ガジェット通信

タグ:パーキンソン病
2018年05月10日 02時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

パーキンソン患者の歩行をサポートするARアプリを米大学の学生が開発 - ガジェット通信


パーキンソン病を発症すると、主に「手足の震え」「筋肉の強張り」「動作の緩慢」「歩行障害」といった4症状が現れる。歩行時には小刻みになりがちであり、さらに転倒リスクが高くなる。 そこで、米国のライス大学の学生らは、神経学者や生体工学者の助言を得つつ、パーキンソン病患者の歩行をサポートするARアプリを開発し ...


続きはこちら

引用元:ガジェット通信
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking