RareS. | 母性染色体異常が引き起こす神経発達障害の原因遺伝子の働きを解明 - 理化学研究所

HOME > ニュース一覧 > 母性染色体異常が引き起こす神経発達障害の原因遺伝子の働きを解明 - 理化学研究所

母性染色体異常が引き起こす神経発達障害の原因遺伝子の働きを解明 - 理化学研究所

タグ:アンジェルマン症候群
2010年03月30日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、母性染色体の異常が引き起こす神経発達障害アンジェルマン症候群の原因遺伝子Ube3aが、大脳皮質機能の可塑性とその後の成熟に必須であることを、Ube3a遺伝子を欠損したアンジェルマン症候群のモデルマウスを用 ...


続きはこちら

引用元:理化学研究所
タグ:アンジェルマン症候群

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking