RareS. | 非小細胞肺がんのオプジーボ低用量とヤーボイ併用1次治療、 腫瘍遺伝子変異量(TMB)が高レベルにおいて、病勢進行または死亡リスクを42%低減 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 非小細胞肺がんのオプジーボ低用量とヤーボイ併用1次治療、 腫瘍遺伝子変異量(TMB)が高レベルにおいて、病勢進行または死亡リスクを42%低減 - がん情報サイト「オンコロ」

非小細胞肺がんのオプジーボ低用量とヤーボイ併用1次治療、 腫瘍遺伝子変異量(TMB)が高レベルにおいて、病勢進行または死亡リスクを42%低減 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:有棘細胞がん
2018年04月18日 22時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

非小細胞肺がんのオプジーボ低用量とヤーボイ併用1次治療、 腫瘍遺伝子変異量(TMB)が高レベルにおいて、病勢進行または死亡リスクを42%低減 - がん情報サイト「オンコロ」


CheckMate-227試験は、非扁平上皮癌、扁平上皮癌の組織型を含む未治療の進行NSCLC患者を対象に行われている非盲検フェーズ3試験。 パート1a、パート1b(パート1)、パート2の3つのパートから構成されている。 パート1aにおいてはPD-L1陽性患者(1%以上)を、オプジーボとヤーボイの併用療法群、オプジ ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:有棘細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking