RareS. | ステージIII非小細胞肺がん患者に対する地固め療法としてのデュルバルマブ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を達成する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > ステージIII非小細胞肺がん患者に対する地固め療法としてのデュルバルマブ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を達成する - がん情報サイト「オンコロ」

ステージIII非小細胞肺がん患者に対する地固め療法としてのデュルバルマブ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を達成する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年05月26日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ステージIII非小細胞肺がん患者に対する地固め療法としてのデュルバルマブ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を達成する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月25日、アストラゼネカ社のプレスリリースにてステージIII非小細胞肺がん患者に対する地固め療法としてのデュルバルマブ(商品名イミフィンジ;以下デュバルマブ)単剤療法の有効性を検証した第III相のPACIFIC試験(NCT02125461)の結果が公表された。 PACIFIC ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking