RareS. | パーキンソン病に効果があるのは、薬物療法?運動療法?コーヒーのカフェイン? - ヘルスプレス

HOME > ニュース一覧 > パーキンソン病に効果があるのは、薬物療法?運動療法?コーヒーのカフェイン? - ヘルスプレス

パーキンソン病に効果があるのは、薬物療法?運動療法?コーヒーのカフェイン? - ヘルスプレス

タグ:パーキンソン病
2018年03月05日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

パーキンソン病に効果があるのは、薬物療法?運動療法?コーヒーのカフェイン? - ヘルスプレス


パーキンソン病は、脳幹に属する「中脳の黒質」と「大脳の線条体」に異常を来して発症する。黒質に異常が起きると、神経細胞の中に「αシヌクレイン」というタンパク質が凝集して溜まり、正常な神経細胞が減少するため、「神経伝達物質のドーパミン」の量が低下し、黒質から線条体への情報伝達経路が阻害される。 このため ...




続きはこちら

引用元:ヘルスプレス
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking