RareS. | ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持している1症例 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持している1症例 - がん情報サイト「オンコロ」

ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持している1症例 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:乳がん(トリプルネガティブ)
2018年06月07日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持している1症例 - がん情報サイト「オンコロ」


【参考】トリプルネガティブ乳がんのキイトルーダ単剤療法と腫瘍浸潤リンパ球(TIL)との関係を示唆する発表。 転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対するキイトルーダ単剤の効果予測因子としての腫瘍浸潤リンパ球(TIL)~欧州臨床腫瘍学会(ESMO2017)より ~(オンコロ ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:乳がん(トリプルネガティブ)

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking