RareS. | 乳幼児期のはしか感染 「数年経て難病」のリスク - 東京新聞

HOME > ニュース一覧 > 乳幼児期のはしか感染 「数年経て難病」のリスク - 東京新聞

乳幼児期のはしか感染 「数年経て難病」のリスク - 東京新聞

タグ:亜急性硬化性全脳炎
2017年01月10日 08時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


感染力が非常に強く、昨年、局地的に大流行したはしか(麻疹)。感染から数年後に、体内に残っていた麻疹ウイルスが脳に入って炎症を起こすと、まれに亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という難病になることがある。医師は、一歳児の予防接種を確実に行い、親の世代の未接種者 ...


続きはこちら

引用元:東京新聞
タグ:亜急性硬化性全脳炎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking