RareS. | 未治療進行性腎細胞がん患者に対するバベンチオ+アキシチニブ併用療法、PD-L1発現率1%以上の患者で客観的奏効率(ORR)66%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 未治療進行性腎細胞がん患者に対するバベンチオ+アキシチニブ併用療法、PD-L1発現率1%以上の患者で客観的奏効率(ORR)66%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

未治療進行性腎細胞がん患者に対するバベンチオ+アキシチニブ併用療法、PD-L1発現率1%以上の患者で客観的奏効率(ORR)66%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2018年03月16日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

未治療進行性腎細胞がん患者に対するバベンチオ+アキシチニブ併用療法、PD-L1発現率1%以上の患者で客観的奏効率(ORR)66%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


標的腫瘍部位の数は1つが46%(N=25人)、2つが42%(N=23人)、3つが13%(N=7人)。 上記背景を有する患者に対してバベンチオ+インライタ併用療法を投与した結果、主要評価項目である用量制限毒性(DLT)は下記の通りである。用量設定フェーズの6人中4人(67%)の患者でグレード3または4の治療関連有害 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking