RareS. | 日立、HoloLensで手術室の構築イメージを体験できる複合現実コンテンツを開発 - マイナビニュース

HOME > ニュース一覧 > 日立、HoloLensで手術室の構築イメージを体験できる複合現実コンテンツを開発 - マイナビニュース

日立、HoloLensで手術室の構築イメージを体験できる複合現実コンテンツを開発 - マイナビニュース

タグ:脳腫瘍
2018年04月12日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

日立、HoloLensで手術室の構築イメージを体験できる複合現実コンテンツを開発 - マイナビニュース


日立は、1999年に手術中に脳腫瘍の位置を把握する目的で、漏えい磁場の範囲が狭い永久磁石型オープンMRIシステムを大学病院の手術室に設置して以来、多くの大規模病院にオープンMRIシステムを納入してきた。2018年3月から販売している「OPERADA」は、オープンMRIシステムを中心に手術支援を行うナビ ...


続きはこちら

引用元:マイナビニュース
タグ:脳腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking