RareS. | 武田の18年4~12月期、純利益32%減 子会社売却益の反動

HOME > ニュース一覧 > 武田の18年4~12月期、純利益32%減 子会社売却益の反動

武田の18年4~12月期、純利益32%減 子会社売却益の反動

タグ:潰瘍性大腸炎
2019年02月01日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

武田の18年4~12月期、純利益32%減 子会社売却益の反動

18年4~12月期の売上高は1%増の1兆3800億円だった。主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」の売り上げが34%増えたほか、血液がん治療薬「ニンラーロ」や酸分泌抑制剤「タケキャブ」も伸びた。地域別では米国が7%増収となり全体をけん引。
続きはこちら

引用元:NIKKEI
タグ:潰瘍性大腸炎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking