RareS. | 顔認識システムで難病を特定!126の特徴を使って胸腺低形成症候群を診断、精度は96.6% - ガジェット通信

HOME > ニュース一覧 > 顔認識システムで難病を特定!126の特徴を使って胸腺低形成症候群を診断、精度は96.6% - ガジェット通信

顔認識システムで難病を特定!126の特徴を使って胸腺低形成症候群を診断、精度は96.6% - ガジェット通信

タグ:ヌーナン症候群
2017年03月30日 21時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

顔認識システムで難病を特定!126の特徴を使って胸腺低形成症候群を診断、精度は96.6% - ガジェット通信


... 南アメリカ系とあらゆる人種が含まれた。 つまり、生まれながらの肌の色や顔の特徴にかかわらず、病気を正確に診断できたことになる。 研究チームは今後、同様に顔認識システムを使って難病のウィリアムズ症候群やヌーナン症候群も診断できないか調べることにしている。


続きはこちら

引用元:ガジェット通信
タグ:ヌーナン症候群

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking