RareS. | 支援ロボ使用 保険診療に 患者負担少なく正確

HOME > ニュース一覧 > 支援ロボ使用 保険診療に 患者負担少なく正確

支援ロボ使用 保険診療に 患者負担少なく正確

タグ:僧帽弁閉鎖不全症
2019年02月11日 03時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

支援ロボ使用 保険診療に 患者負担少なく正確

病院によると、同手術での保険診療は中四国、九州では初めてで、弁膜症の一種の僧帽弁閉鎖不全症が主な対象。心臓血管・呼吸器外科の泉谷裕則教授は「患者の負担が少なく、より正確な手術操作が可能になる」とする。 この記事は【E4(いーよん)】を ...
続きはこちら

引用元:愛媛新聞ONLINE
タグ:僧帽弁閉鎖不全症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking