RareS. | 津山中央病院が新がん陽子線治療 複雑形状の腫瘍にも的確対応 - 山陽新聞

HOME > ニュース一覧 > 津山中央病院が新がん陽子線治療 複雑形状の腫瘍にも的確対応 - 山陽新聞

津山中央病院が新がん陽子線治療 複雑形状の腫瘍にも的確対応 - 山陽新聞

タグ:前立腺がん
2018年05月15日 23時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

津山中央病院が新がん陽子線治療 複雑形状の腫瘍にも的確対応 - 山陽新聞


津山中央病院の「がん陽子線治療センター」(津山市川崎)は15日、最新のラスタースキャニング法による陽子線治療を初めて行った。患者は前立腺がんの60代男性。腫瘍を形に沿って塗りつぶすように照射していく治療法で、複雑な形状をしたケースでも的確に対応できるという ...


続きはこちら

引用元:山陽新聞
タグ:前立腺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking