RareS. | ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ - 読売新聞

HOME > ニュース一覧 > ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ - 読売新聞

ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ - 読売新聞

タグ:クローン病
2017年11月22日 03時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ - 読売新聞


腸に炎症や潰瘍が起きるクローン病などの新薬の候補物質を、ミニ小腸に注入して効果や毒性を調べる装置の5年後の製品化を目指している。 同センター研究所生殖医療研究部長の阿久津 英憲 ( ひでのり ) さんらは今年1月、2種類の細胞を特殊なプレートの上で培養して、 ...


続きはこちら

引用元:読売新聞
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking