RareS. | ALS演奏家、再び舞台 元マリンバ奏者・針生惇史さん 特別開発の木琴操り 31日、出身の藤岡で /群馬 - 毎日新聞

HOME > ニュース一覧 > ALS演奏家、再び舞台 元マリンバ奏者・針生惇史さん 特別開発の木琴操り 31日、出身の藤岡で /群馬 - 毎日新聞

ALS演奏家、再び舞台 元マリンバ奏者・針生惇史さん 特別開発の木琴操り 31日、出身の藤岡で /群馬 - 毎日新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年03月11日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


全身の筋力が衰える難病の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を発症した元東京都交響楽団のマリンバ奏者、針生惇史さん(76)が31日、出身地の藤岡市のみかぼみらい館小ホールでコンサートを開く。車椅子に乗って手にバチをくくりつけた状態で、特別に開発された木琴を操り、バイオリニストの妻若子さん(75)と共にク ...


続きはこちら

引用元:毎日新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking